トイレの交換について

便器の交換作業

リフォーム前
リフォーム前

 

 

 

 

20年ほど前のトイレです。

 

「大」「小」の切替がないので、一度流すと

 

13リットル

 

で水を大量に使用しています。

 

 

 

リフォーム後
リフォーム後

 

最新型の超節水トイレ

 

 

便器標準洗浄水量は「大」

        4.8リットル

 

リフォーム前のトイレの比較すると水道代は年間で14,200円もの節約になります。

 

 「大」→4.8リットル

「小」→3.6リットル

「eco小」→3.4リットル

 

 

節水になることで水道代も安くなりますし、お掃除もフチ無しトイレでラクラクです。

さらにセフィオンテクトで汚れもつきにくいです。

 


フチなし形状

お掃除のしやすさを究めたTOTO独自のデザイン。奥までぐるーっとフチがないから、サッとひとふき、お掃除ラクラクです。

セフィオンテクト

陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルでなめらかに仕上げました。汚れが付きにくく落ちやすいTOTO独自の技術です。純度の高いガラス層を約1200℃の窯でじっくり焼き付けたことで、美しさが持続します。



トイレの交換時期っていつなのか??

耐用年数は?

 

 

耐用年数は

ウォシュレットは7年

便器は15年

 

 


年数が経過すると汚れも気になりますが、私達がトイレの交換をオススメする理由は?

 

  • お掃除がラクになる
  • 節水トイレで水道代金がおトク

 

 

もうこの2点しかないくらいですが、トイレのお掃除って皆さん大変だと言われることが多いですが、トイレの交換後にお客様からの声としてはお掃除の回数が減ったと喜んで頂いています。

 

やはりお掃除する方にとっては、掃除の回数が減ってお掃除が楽になるということは嬉しいみたいです。

 

 

よく設置後に「説明書を読んで下さいね」と言われて終わることが多いようですが、

私達はトイレの設置して終わることはありません。

 

必ず、使い方の説明とお掃除の方法まできちんと説明して終わります。

 

また使っているうちにお掃除方法や使用方法が分からないときはすぐに私達へご連絡を下さい。アフターサポートも万全です。



※携帯・PHSからもご利用いただけます。